• ホーム
  • マイクロスコ―プによる治療・根管治療

マイクロスコ―プとは

マイクロスコ―プによる治療・根管治療 マイクロスコ―プは肉眼では見えない微細な部位を、最大で約25倍にまで拡大する医療用顕微鏡です。

かねてより脳神経外科や心臓外科、耳鼻科・眼科での手術などで使用されてきたマイクロスコ―プですが、近年は歯科の分野でも「治療の精度が上がる」と注目を集めています。

当院でも早くからこのマイクロスコ―プを導入し、治療のさまざまなシーンで活用しています。

マイクロスコ―プが可能にするもの

治療精度・成功率の向上

歯科の治療領域であるお口の中は暗くて狭いうえ、治療対象となる歯はとても小さく、肉眼で直接確認するのにも限界があります。そのため治療では歯科医の手指の感覚や勘に頼らざるをえないことも多く、術者の技量が予後を左右してしまうことも少なくありません。

マイクロスコ―プは暗く狭い口腔内においても患部を明るく鮮明に拡大できるため、病変を直接目で確認しながら治療ができるようになります。これにより治療精度が飛躍的に向上するほか、治療の成功率も上がり予後が安定しやすくなります。

MI(ミニマム・インターベンション)の実現

MI(ミニマム・インターベンション)は治療における“最小限の侵襲”、つまり「歯をなるべく削らない・抜かない」ことを意味します。再生能力の乏しい歯は一度削ったり抜いたりすると元に戻らないため、治療においては“健康な歯質をいかに残すか”が重要なカギとなります。一方で感染部位を少しでもとり残してしまえば、治療後に再び虫歯や歯周病を繰り返してしまうのも事実です。

患部を最大で約25倍にまで拡大できるマイクロスコ―プは、このような感染部位も見逃すことなく、さらにその部分だけ削ることを可能にします。悪いところだけを取り除き、健康なところは残す—このような“MI治療”を実現するのにマイクロスコ―プは不可欠です。

根管治療とマイクロスコ―プ

マイクロスコ―プによる治療・根管治療 根管治療とは歯の根っこ(歯根)の内部にある根管という管の中に細菌が感染した際、感染物質を取り除いき、薬剤を詰めていく治療のこと。マイクロスコ―プの利点が最大限に活かされるのがこの根管治療です。実際に歯科医療先進国であるアメリカにおいては根管治療を専門する歯科医師に対し、マイクロスコ―プの使用を義務化しています。

“歯の土台修復”にあたる根管治療はその成否がその後の歯の寿命に影響を与える一方、とても細くて形状も複雑な根管の治療は難易度が高く、歯科医にはより高度な技術が求められます。マイクロスコ―プはこの微細な根管を明確にし、経験や感覚に頼らない正確で確実な治療を可能にしていきます。

患者様にメリットの大きいマイクロスコ―プ(まとめ)

マイクロスコ―プは歯科治療の精度を格段に向上させ、その成功率を高めていきます。これにより治療後もその歯を長く良好な状態に維持できるほか、治療による歯への負担も軽減できます。

さらにマイクロスコ―プが映し出す画像はモニターを通して患者様にもご覧いただけます。歯の状態や治療の様子を実際に確認しながら歯科医と情報を共有できる点も、患者様にとって大きなメリットとなるでしょう。

24時間WEB予約
ページトップ